日記

2016年5月11日 (水)

【WWI】海戦ヒストリカルミニチュアゲームはWWIまで派【海戦】

日記というカテゴリーもどうかと思いますが、今のところ当てがないのでこれで。

最近、WWIIの海戦ミニチュアゲームについてお誘いをいただくことがあります。
まぁびでおげーむで色々流行ってるしね。
WoWsは、寿司も結構遊んでます。
しかし、ミニチュアゲームでは、WWII海戦は色々面倒だというのが寿司の認識です。
理由は色々ありますが、大きいものをあげると

1、飛行機が面倒
2、装備の種類が多く変化が激しい

まぁたいてい1の話をするんですが、地味に2も大きいです。
色々こまごまと再現されてた方が絶対雰囲気出るんですが、ゲームは面倒になるし調べるのも大変だし、って感じですかね。
かといって、妙高も高雄も性能が一緒、とかになるとやる気も出ませんし。

そんなめんどくさいおっさんが遊びたいのはWWI海戦ゲーム。
空気の読めないカトンボなどいない、忍び寄る見えない暗殺者もいない、鉄と鉄がぶつかり合う戦場ですよ!

とまぁいつも話してるわけですが、WWIの海戦よくわからんと言われるので、簡単に解説しようと思います。
大きな海戦数回しかないからね。
簡単。

コロネル沖海戦
1914年11月1日
チリのコロネル沖
英軍艦隊
グッドホープ
モンマス
ほか巡洋艦2隻
独軍艦隊
シャルンホルスト
グナイゼナウ
ほか巡洋艦3隻

青島を発したドイツ東洋艦隊の、母国を目指す長い旅路の1コマです。
追撃するのは、英軍の旧式装甲巡洋艦2隻。
それに対して、独軍の装甲巡洋艦は最終世代に近く、英艦隊は一方的に殲滅されました。

フォークランド沖海戦
1914年12月8日
南大西洋のフォークランド島沖
英軍艦隊
インヴィンシブル
インフレキシブル
ほか旧式装甲巡洋艦3隻軽巡洋艦1隻
独軍艦隊
コロネル沖海戦と同様

青島を発したドイツ東洋艦隊の、母国を目指す長い旅路の最終章(はやっ)です。
大西洋にやってきたドイツ人を迎え撃つのは、新世代の高速戦闘艦、巡洋戦艦の嚆矢たるインヴィンシブル級2隻です。
長期の航海による速度低下もあり、完全に速度で負け、射程でも負けているため、ドイツ東洋艦隊は、文字通り手も足も出ずに殲滅されました。
戦闘後、圧倒的優勢だったにもかかわらず「手間取りすぎた」として英軍の提督は評価されなかったそうです。

ドッガー・バンク海戦
1915年1月24日
北海中央部
英軍艦隊
ライオン
タイガー
プリンセス・ロイヤル
ニュージーランド
インドミタブル
ほか軽巡7隻
独軍艦隊
ザイドリッツ
モルトケ
デアフリンガー
ブリュッヒャー
ほか軽巡4隻

英本土を襲撃するドイツ高速艦隊と、それを迎撃するイギリス高速艦隊。
インドミタブルとニュージーランドは初期の巡洋戦艦であり僚艦に比べ多少低速だったが、ドイツ側もブリュッヒャーは最後の装甲巡洋艦であり、全艦が一体となって行動するなら速度差はありませんでした。
戦闘は、砲力で勝るイギリス艦隊が最後尾のブリュッヒャーを執拗に狙ったため、これを撃沈することには成功したものの、命令の伝達に失敗してドイツ艦隊を逃す結果になりました。

ジャットランド海戦
1916年5月31日
英軍艦隊
すごくたくさん
独軍艦隊
たくさん

ジャットランドってきいたことないですね。
私はユトランドとかジュットランドとかで育ちましたw
まぁ同じものです。
ドッガー・バンクから1年以上経ってますが、まぁ互いに慎重になったというのが大きいと思われます。
その間に決戦の機運も高まり、互いの高速艦隊が敵を味方主力艦隊に誘引するという作戦もでき、いよいよ決戦となりました。
といっても、イギリス艦隊はドイツ艦隊の2倍くらいいるので、ドイツ的には「削って逃げたい」のは変わらず、逆にイギリスは「まとめて仕留められないなら無駄に怪我したくない」と考えてか及び腰という、締まらない部分もある決戦になりました。
結果は、イギリスが戦術的敗北だが戦略的勝利、なんてよく言われますが、微妙ですね。
「戦術的」に勝ち負けが決まったかどうかも微妙ですし、戦略の部分ではもっと色々ありそうです。
ただ、イギリス艦隊は巡洋戦艦3隻、装甲巡洋艦3隻を失い、ドイツ艦隊の損害は巡洋戦艦1隻と旧式戦艦1隻だったということは明確です。

WWIの大きな海戦といえば、この4回くらいでしょうか。
上陸戦で戦艦がたくさん沈んだりとか色々ありますが、海戦とはいいがたいですしね。
正直、どれをとってもミニチュアで再現して面白そうなものはないです。
ユトランドとか無理だしw
ただ、両国それぞれ性能に特徴があり、ポイント制を導入したゲームなら結構楽しいと思うんですよね。
WWIIの艦艇のようにゴチャゴチャ色々ついてないので、小さいモデルだと以上にのっぺりと感じたりしますが、砲塔たくさんあるやつとかあってそういう設計の進化もわかりやすかったりするので、WWIのミニチュア海戦、お勧めだと思います。

2015年10月27日 (火)

【日記】第三次世界大戦を比較してみる。

来年Flames of warで、冷戦が終わらず戦争になったら、というテーマの小説「第三次世界大戦 チームヤンキー出動」がゲームになります。
システムも一部変更になり、より戦闘団を意識したものになるようですが、今日はかつて邦訳が出た第三次大戦モノの小説、チームヤンキーともう一冊「第三次世界大戦 崩壊への道」の内容を比較してみようと思います(唐突)。


Img_0205


「第三次世界大戦 チームヤンキー出動」は、当時現役のアメリカ陸軍の将校が、退役したNATO参謀長の書いた小説「第三次世界大戦」の戦術的な要素を抽出し、話を中隊戦闘団に絞って書かれた小説です。

主人公は中隊長で、エイブラムス2個小隊とM113に乗る機械化歩兵、自走ATM発射機を改修したFIST(支援火力を誘導する車輌)を指揮して、ソ連軍戦車師団を伏撃し、師団の先鋒として反撃に出る、というのが大まかな流れです。

「第三次世界大戦 崩壊への道」は、ノルマンディ上陸に戦車隊として参加した著者が、アメリカ軍の後衛として撤退を支援したカナダ軍機械化歩兵旅団を主役として、ソ連軍第2陣の戦車師団に対する伏撃と、正面反撃が描かれています。

2冊の違いで興味深いのは、戦闘が始まるまでは、「崩壊への道」のディテールが非常に細かいのに対し、戦闘については「チームヤンキー出動」のほうがはるかに生々しい。
キャラクターの表現も含めて、著者の年齢の差、直面した戦争の差がよくわかります。

逆に、2冊とも出てくる部隊は西ドイツ南部が舞台で、東西ドイツ国境を越えて反撃に出るところも同じです。
反撃の主力になるチームヤンキーと、正面には出るが先鋒ではないカナダ旅団の差は、戦車部隊と歩兵部隊の差なのでしゃーない。


設定についてよく似ているは互いにプロなので当たり前ですが、フォーカスされるポイントの差が非常に興味深く、合わせて読むとより楽しめる2冊ですが、自分以外に読み比べた人の話も聞いてみたいですね。

2014年2月 9日 (日)

【日記】ワンフェスいってくたよ

18kのオデット二世がすごくかっこよかったけど色々と無理なので諦めた。
18kのエンジェルリンクスのA号艦も(これはだいぶ前の再販らしいけど)よかったけど無論諦めた。
なんかよさげないきもの(正確には生き物ではない)があったけど踏ん切りが付かなかったので諦めた。

まぁそんな感じです。

帰りに練馬ミニチュアゲームの会に行って「ウォーロードが6月にD-dayキャンペーンやるんだってー」って言ったら、sinって人が「じゃあ俺もやるFoWでやるやるったらやるわかったな!」って言ったので6月にFoWでノルマンディーやります。
今のところの企画は米軍海岸。
ということで、当日までのまとめ

sinさんがやること
・マスター用意
・戦場用意
・自分の部隊用意
ほかのプレーヤーがやること
・自分の部隊用意

sinさんがすべてのノルマを達成して、さらにイギリス軍上陸部隊も用意したときに限って、ドイツ軍の増援で第21装甲師団が登場するかもしれません。

とりあえず火曜日は1日宇宙戦艦を塗りたい。

2013年7月28日 (日)

【日記】落ち着け、落ち着くんだ

リザードマン発表をチェックしたら、カルノザウルスが好みの形じゃなくなってたので、今売ってる(はずの)ファインキャストのやつがモーレツに欲しくなるw


買ってもカルノザウルスだけじゃゲームできないのにね。

それはさておき、TRPGやりたいですな。
ルールの希望はないですが、現在一般流通しているもの、総額10k以内くらいで揃えられるものがいいですね。
まぁガジェットそろえて楽しむやつじゃなけりゃPCはルルブいらない気もしますがw
スーパー適当マスターでよければマスターやってもいいです。
あ、でも、マスターやるなら学園物とかは避けたいかな、シナリオのディティール考えるのがメンドイから(寿司はあまり一般的でない学生生活を送ってるみたいで、他の人とイメージが合わないことが多いんですよね)w

ということで、参加者とルールの提案募集。
場所は、どこかのクラブチームのサポートを受けたいですね、いつものようにw


自分でシステム決めると「よし、GTM記念で同人のFSSRPGやろうか!」とかなっちゃうので人に決めてもらう方向性でw

2013年7月27日 (土)

【買い物】ふむふむ

竜騎兵の髭のおっさんはエグゼンプラーの魂しか吸わないんですな。
ということはだ、うちだとエラントが数入るとき以外は微妙、と。
そう考えると、ガンソード持ったねーちゃん塗りつつ、次の買い物タイムでカンフー坊主の購入を検討、ということになりますかな。
まぁあとはジュディケーターをいつ買うか・・・というところか・・・

FoWは、よく考えてみたら主砲の射程が40cmしかなくても、ベテランの基礎値4+に隠れて+1、移動射撃せずに静かにしてると更に+1、40cm以上からの射撃には更に遠距離修正で+1だから、撃てない距離の敵からの攻撃は基本7+で自動失敗ということに気付きました。
ブルムベア-かなぁ。

2013年7月23日 (火)

【日記】なやましなー

さて、昨日初めてT-34/85スパムとやってわかったことですが

普通にやっても無理wwwwwwww

まぁ当たり前ですよね。
普通にやって勝ち筋があったらドイツ軍負けてないですしwwwww

何が足りないかっていうと、85mm(これは同時に米軍の76mmでもある)砲を防げる可能性のある装甲が足りないです。
多少でも装甲の厚いIII突入れるか、あきらめてIV号増強するかが悩みどころですね。
パンターはコストが高すぎてまともに入らないので増やす予定はありません。
実は6輌目買ってあるしwww
ほんとはIV号l70とか使いたいんだけど、中々いい編成表がないんですよね・・・。
てか、IV号駆逐戦車の性能がIII突と同じっていうのはどう考えてもおかしいんだけど(実車は正面装甲は初期生産型以外パンターと同じ)、まぁゲームだからしゃーない。
ブルムベアーならティーガー並の装甲で火力も単発だけど結構高いうえにコストもIV号以下でお勧めだよーって声が聞こえてくるんですが、正直ほかが80cmとか1mとかの射程で戦ってるのに一人射程40cmとか、多少の装甲じゃどうしようもないと思うんですよ。
III突はスターター分とかですでに6輌あるけどIV号は5輌だし、IV号買うかなぁ。
出来れば8輌にしたいけど、5輌セット買って10輌にしても全部使う可能性は低い気がするし。
西部戦線の戦車中隊にはPak40もIV号駆逐戦車も入らないし。
それ考えるとブルムベアーになっちゃうんですよね・・・。
なやむわー。


もうひとつの悩みは、ウォーマシンです。
リーグ戦またやろうかなぁと思うんですが、次回のゲームに向けて何を塗ろうかが決まらないw
具体的にいうと、あきらめずにサンバーストを塗らなきゃいけない気がするけどテンションがあがらずジャックが塗りたいw
サンバースト使いたいんだけど、塗る気にならないんだよなぁ。
どうしてかなぁw
白兵ジャック2機とシネレイター入れると射撃が足りなくてひどいことになるんでサンバースト、と思ってるんですが、難しいですね。
とりあえずレコナーにがんばってもらいつつ、ファイアオブサルベイション買うか。
スカージオブヘレシーを結構気に入ってるんですが、キャラジャックだからレズニック以外で使うのどうなんだろうなぁとか思っちゃうんですよね。
普段はレズニックしか使わないから悩まないんですが、今後は騎乗クレオスを試していきたいので、結構悩んでます。
竜騎兵のおっちゃんも買ったけど、パイクマンとかいないと継続的にソウルトークンこないよなぁと思って保留中。
ゲーム中1回、トークン3個貯まればよし、と考えるべきですかねー。
とりあえず、シネレイターの塗り残しをやりつつなんだかんだで真っ黒のままのスカージオブヘレシーと組み立ててもいない騎乗クレオスの作成かなー。

2013年7月 8日 (月)

【日記】つうはんのみせ

つうはんのS河屋って、日本で安く買い取ったアニメグッズをアメリカで売りさばいてるらしいよ。
向こうにいくつも拠点があるんだって。
某G社の英語製品が安い理由はここらへんにあるかもね。
まぁ拠点があるのは間違いないけど安い理由は違うかもねw

2013年4月 7日 (日)

【日記】こうなるのはわかっていたのに・・・

嵐の中タウコデックス買ってきたのに、前日に届いたフレイムオブウォー(FoW)インテリジェンスブックを眺めながらニヤニヤするだけの日曜日。

2013年3月21日 (木)

【募集】23日なんかないかな

まぁ一番はFoW(とその背景的なアレ)について語る会だけど、周りに参加資格を持ってる人を3人しか知らない上にうち2人はすでに無理なことが確定しているw
まぁFoWの背景的なアレについて語ってほしいとかはいつでもウェルカムですが、所詮私も本で読んだ知識ですからたいしたこたぁ無いです。

時点はWM/Hかな。
ジャパンリーグ登録したけどまだゲームしてないしね。
ボチボチペイントも進んでるけどまだまだ点数もらえるほどじゃないので、むしろ気にせず新ミニチュアを投入できる!w

なんかそういうのないですか?
あとむろんめたへえ参加もまだ募集中です。
今ならキャンペーン開幕から遊べるよ。

2013年3月20日 (水)

【日記】KONOZAMA

2013032010220000

アレだけ散々色々言っておいてこの様である。
ちなみになぜボルトアクションじゃないのかという理由は2点。
1、ゲームの再現する部隊規模が寿司様のお気に召さないから
2、誘われたから
FoWは以前から数人に誘われていて、最近もよくお邪魔させてもらっているクラブの某氏に「買いましたんで!買いましたんで!おい寿司わかってんだろうな?(笑顔)」と言われていたんですが、ボルトアクションは「どうですか?どう思いますか?」とは目茶目茶きかれたけど特に誘われた意識はなかったんですよね。
まぁたぶんこちらからすごい予防線を張りまくったせいなんですが。


とりあえずWM塗らなきゃね!

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28