BFG雑記

2011年6月30日 (木)

【BFG】気付いたらはじまってた

GWJのHPが他の国と同じ仕様になったわけですが・・・

ホビセンでBFG買えるようになってるーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

いやー、生きててよかったほんとに。
とりあえず、改めてHPの画像が違う件指摘しにいこw
もう日本語版だから「我々にはどうしようもありません」とか言わせねぇw
間違いなく言うのはわかってるけどwww

2011年5月28日 (土)

わ、わいはゲームズワークショップに騙されとったんやー

先日来組み立てているグランドクルーザーですが、フリートリストをよく見たら重大な事実に気がつきました。

写真とブツが違うwwwwwwwwwwwww

商品はヴェンジェンス級グランドクルーザーで、送られてきたものもフリートリストもあっているのですが、UKのHPの写真はアヴェンジャー級なのです。
アヴェンジャー級(と私が作る予定のエクソシスト級)は帝国とケイオスの標準ウェポンユニットを使うのですが、ヴェンジェンス級は使わないのでキットはヴェンジェンス級にしたんだと思いますし、それはそれでいいのですが、写真がアヴェンジャー級なのでてっきりアヴェンジャー級が作れるものだと思ってしまったんですよねー。

とりあえず、今度HC神保町でダイレクト担当を見かけたら指摘しておこうと思いますが、こういう「よくみりゃわかんだろ」的なアレは日本では結構色々言われるので、対応していただきたいところです。

あの写真、ずいぶん前から変わってないと思うから、むこうの人は本当にそういうことを気にしないんでしょうねぇ。
スペシャリストゲームは写真が違うくらい当たり前って真顔で言われたらどうしようwwwwwwww

2011年5月16日 (月)

決意

突然ですが、組み立てたスタートセットのケイオス巡洋艦を1隻、解体のために作業机に持ってきました。

以前の記事にもちょっと書いたのですが、グレイナイトと一緒にBFGの艦も買ったんです。
でも、買った艦がフリートリスト上ではバリエーションがあるタイプなのに、1種類しか作れない全メタルのモデルだったので、別バリを作りたかった私は意気消沈していたのです。

しかし、グレイナイトによって一時沈静化していたBFGが再燃してきたので、ここは逡巡していても始まらないと思い以前適当に完成させてしまったケイオス巡洋艦を解体して必要なパーツを手にいれることにしました。

次回の練馬は40kですが、私がやるといわなければ誰も40kを持ってくることはないと思うので、BFG推しでいきたいと思います!w

2011年4月 6日 (水)

難問

GKと一緒にいくつかの艦を買ったのですが、その中にヴェンジェンス級グランドクルーザーという艦があります。

これは、ケイオスとインペリウムの双方で使える艦で、バトルクルーザーよりも多少コストが安く、それでいてHP、シールドなどが多いという大型艦です。
欠点は、火力がバトルクルーザーよりも低く、特に正面に対して一切攻撃が出来ないことと、装甲がインペリウムの標準的な巡洋艦より薄く、ケイオス艦並だということです。

正面火力がないのも装甲が薄いのも何とかなるんですが、問題は、モデルがフルメタルだということなんですよね。
以前インペリウムの戦艦を買ったときは船体はメタルだったものの共通パーツであるウェポンベイはクルーザーと同じプラのものが入っていたので、今回もてっきりそうだろうと思ったらなにを考えたのか武装部分までフルメタルでバリエーションのパーツが一切入ってないという困った(インペリウムとケイオス以外の艦では当たり前なのですが)仕様でした。
私自身が作りたいのがヴェンジェンス級そのものではなく別の艦だったため、それを作るためにはケイオス艦で一番使うウェポンバッテリーのパーツを別途入手しなければならない、ということで、残念ながら実戦投入はだいぶ先になりそうです。

使う当てのないケイオスクルーザーをこれ以上買うのは嫌なんですが、ウェポンバッテリーのパーツは余らないんですよね・・・。

2011年3月31日 (木)

BFG(とグレイナイト)を語る夕べ

今日HCでグレイナイトの発売日に変更がないことを確認してきたので、土曜日は神保町近辺でBFG(とグレイナイト)を語る夕べを開催します。
奮ってご参加くださいw

2011年3月15日 (火)

電車が走ってて会場が使えたら

20日はBFG持って練馬行きます。
ダメなら3連休のどこかでホビセンでペイントでもしようかな。
たまにはモンハンもやりたいし。

2011年2月26日 (土)

BFGを語る夕べ3

日曜日の午後3時くらいから神保町界隈で開催しまーす

2011年2月15日 (火)

ストライククルーザー

ストライククルーザーといえば、インペリウムの守護者スペースマリーンがいつも乗り回してる宇宙船なわけで、もちろんBFGにも出てくるわけです。

ゲームのルールがわかる方はご存知だと思いますが、このストライククルーザー、BFGでは40kのコデックスなどに出てくる雰囲気はまったくありません。
なんていうか、
「これ1隻じゃはじめから勝負にならんだろ・・・」
って感じです。
ちなみにバトルバージもありますが、
「遅いのに射程が短いってどうすれば・・・」
って感じで、コスト的にはストライククルーザー3隻分なんですが、それだけの活躍をさせるのは結構難しいです(私がインペリウムの戦艦に慣れすぎているせいかもしれませんが)。

ただ、40kプレーヤーの5割以上はスペースマリーンを遊んでいるわけで、当然BFGでもマリーンをやる方は多いですし、うちをご覧の方でも
「自分のマリーンのアーミーとおそろいで宇宙艦隊も欲しい」
という方もいらっしゃると思います。

そんな方には大変申し訳ないのですが・・・上で書いたとおりBFGのストライククルーザーは一人ではほんとにがっかりな子です。
コデックスに書いてあるように単艦で惑星を包囲する艦隊を蹴散らし・・・みたいなことは無理です。
だがしかし!3隻位で徒党を組んだストライククルーザーは非常に強力なのです!
ついでにお供の護衛艦を上手く配置してやれば、必殺のボンバードメントキャノン+サンダーホークと魚雷の雷爆同時攻撃で戦局を一気に動かすことも可能なほどの火力になりますので、マリーン艦の強さを体感することが出来ると思います。
ただ、機動に失敗するとボンバードメントキャノンの射程に入る前にエスコートだけやられたり、逆にフォーメーションが完成したらストライククルーザーが残骸だったりということになるので、結構慣れが必要です。

ま、簡単に言っちゃうと「戦力の集中」と「相対的位置関係による目標選択のイニシアチブ」が重要って話でBFG自体がそういうゲームじゃんってことになってしまうのですが、今まで使ったり対戦した中ではインペリウム、マリーン、オルクの3勢力がこの点について非常にピーキーなので、上手くいかずに痛めつけられてもめげずに頑張って欲しい、と思うわけです。

ストライククルーザーはモデルもかっこいいですし(フォージ製のグレイナイト・ストライククルーザーもあるよ!)扱いに慣れると非常に強力な艦なので、人類側艦隊に興味がある方もぜひBFGをやりましょう。

インペリウムとあわせれば安くスタートできるしね!

全部いえるかな

今日は普通の巡洋艦の話です。

といってもBFGの、ですがw
BFGのクルーザーは
バトルクルーザー
グランドクルーザー
ヘヴィクルーザー
クルーザー
ライトクルーザー
ストライククルーザー
キルクルーザー
テラーシップ
ハーヴェストシップ
という名前があります。
これをHP別に分けてみると、
HP10
グランドクルーザー
バトルクルーザー(オルク)
キルクルーザー
テラーシップ
HP8
バトルクルーザー(インペリウム)
ヘヴィクルーザー
ハーヴェストシップ
クルーザー(インペリウム、ケイオス、タウ(一種))
HP6
ライトクルーザー(インペリウム)
ストライククルーザー
クルーザー(エルダー、ダークエルダー、ティラニッド、タウ(一種アップグレード)
HP4
ライトクルーザー(エルダー、ネクロン)
クルーザー(タウ(一種)
となり、オルク艦のHPが高く設定されていること、オルク以外のゼノ全般の艦のHPが低めに設定されていることがわかります。
ま、簡単に言うとHPが低いほど他の部分が強力ってことになるんですが、オルクなんかは逆にHPが高くてコストも安い代わりに速度が遅くて射程が短いという難しい性能だったりして、なかなかよく出来てるなぁと思います。
コストにも結構差がつけられているので、40kやFBと同じく対戦するポイントによっても使い勝手に差が出てきますし、勢力によって向いているポイント帯が違ったりするので、複数の勢力に手を出したくなってしまいますね。
私も、まわりにケイオス艦隊が増えてきたのでケイオスの増強をやめて、低ポイント戦用エルダー艦隊を考えています。
ハードコア趣味人からは「反則なくらい強い」という話だけを聞かされるエルダー艦隊ですが、まわりにアクティブなプレーヤーがいなくて体験する機会がないので、いっそ自分で始めてしまおうかと・・・。
低ポイントようならリアルコストも抑えられるし、ヘタな私がやるとどんなことになるのか・・・。
BFGは常に夢が広がりんぐですな!
なんかだいぶテンション上がってきた!

2011年2月14日 (月)

なんか表示がおかしいので

一応もう一度あげておきます。
編集したり色々したけど直らないし・・・

BFGの戦闘艦の艦種は、軍艦に興味のある日本人からすると「???」となるものがいくつかあるのですが、今日はスゲー巡洋艦について取り上げてみたいと思います。

まずはバトルクルーザー。
日本では巡洋戦艦と呼ばれています。
クルージングバトルシップという英語が先に入ってきたから、と言う話もあるようですが、私は昔の日本が行っていた意味を正しく和訳しようとする試みの成功例だと思います。
なぜなら、バトルクルーザーと呼ばれる艦種は、基本的に同世代の戦艦と同等かそれより大型の艦だからです。
それに対してBFGのバトルクルーザーは「巡洋艦の船体に武装を追加したもの」なので、私のブログではバトルクルーザーを戦闘巡洋艦と呼んでいるのです。
ちなみに、インペリウムのレトリビューション級戦艦は巡洋艦と同じ最高速度なのでちょっと巡洋戦艦っぽいですが、この世界では巡洋艦も戦艦もバトルクルーザーも一部を除いてみな同じ装甲厚なので(そしてR級のシールドは戦艦と同じ)、やっぱりちょっと違う気がしますね。

もうひとつのスゲー巡洋艦であるグランドクルーザーは、もっと難解です。
英語のグランドクルーザーでググって見ても上のほうにそれらしい記述は上がってきませんし(セスナの話が多いですね)、画像検索ではBFGの艦艇が多く引っかかる有様です。
アメリカにはラージクルーザーがありましたし、ドイツの装甲巡洋艦もグロッサークルーザー(グーグルの発音を聞くと“グホサ”ですがw)なので、グランドクルーザーという艦種は存在しないんですよね・・・。
インペリウムより旧式(だが高性能w)な艦を装備しているケイオスにもあり、巡洋艦や戦闘巡洋艦よりも装甲が薄く(正面だけですが)、それでいて巡洋艦より船体が大きい(HPが多い)というBFGのグランドクルーザーの特徴を見ると、軍艦の種別的にはプロテクテッドクルーザーか、本当の意味でのバトルクルーザーというのがグランドクルーザーに似合う艦種なのではないかと思います。
バトルクルーザー(巡洋戦艦)は、和訳の通り巡洋艦並みに速く戦艦並みに大きいのでよくマッチングしていると思うのですが、プロテクテッドクルーザーというのは防護巡洋艦と和訳されている艦種のことです。
多くは巡洋艦らしい排水量だった防護巡洋艦ですが、イギリスでは戦艦や装甲巡洋艦並みに巨大な艦も建造され、装甲がないのに巨大なため色々苦労したようですが非常に美しい艦でした。
ま、アレを美しいとか言うようになっちゃうと、だいぶ病気が進んでる気もしますがw

スゲー巡洋艦についてはこんなところで、簡単に言うと地球とは違うよってことなんですが、艦種ネタは他にもあるので、気が向けばまた書いてみたいと思います。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28