« 【FoW】迫り来るソビエトロシア | トップページ | もうだめだー! »

2013年10月28日 (月)

【FoW】演習

もう先々週末になりますが、大泉学園の普段練馬ミニチュアゲームの会さんがお使いの会場で、武装親衛隊装甲師団の対抗演習が行われました。

参加したのは、SS第1装甲師団の1個戦車中隊と、SS第2装甲師団の同じく1個戦車中隊です。
編成は、

LAH
中隊本部
 パンター1輌+牽引用ハーフトラック
第一戦車小隊
 パンター3輌(うち1輌にタンクエース)
第二戦車小隊
 IV号4輌
重装甲車小隊
 プーマ2輌
対空戦車小隊
 38t対空戦車3輌
国防軍自走ロケット旅団からの支援
 自走ロケット砲3門(追加砲員で6門扱い)

DR
中隊本部
 パンター1輌
第一戦車小隊
 パンター3輌
第二戦車小隊
 IV号5輌
擲弾兵小隊
 擲弾兵2個分隊
SS第二装甲砲兵連隊からの支援
 15cm榴弾砲3門

こんな感じだったかな。
シナリオは、この前のモルタンと同じく初期配置前においた作戦目標から、攻撃側が1つ減らせるというもので、防御側は配置が難しい感じです。
互いに半数の小隊は増援として途中から戦場に到着するので、初期配置する部隊の選定も重要です。
今回はロールの結果寿司が攻撃側でスタート!

Tocyuu

スタート!とか書いておいて写真はもう結構佳境ですがw下の森にいるのが寿司のIV号小隊ですね。
牽引用ハーフトラックの支援を受けながら森を突破しようとしていますが、どうしても毎回エンコ車が出て足並みが揃わず、このあと15cm榴弾砲と相打ち的な感じで全滅しました。
中央では、道と森の間を突破しようとするLAHのパンター小隊に対し、DRのパンター小隊がそれを迎撃しつつ側面のIV号も射撃するポイントをとっています。
LAHのパンターが道の上ではなく路外を進んでいるのは、増援で来る装甲車に道路を使わせるためです。

Saigo

これが最終局面の写真です。
15cm榴弾砲を殲滅するも側面からのパンターによる射撃で全滅したIV号に代わり、対空戦車小隊が15cm榴弾砲が守っていた目標を確保しています。
DRのパンターは残り1輌が目標の中間で頑張っていますが、DR側増援のIV号5輌に叩かれ2輌まで減ったLAHのパンターが中央の目標を確保しており、重装甲車も無傷で残っているためLAHの勝利となりました。

最後の写真を見ると、パンターとIV号が壊れまくっていて、ファレーズ包囲陣内東部やセーヌ川沿いの独軍車両の墓場を思わせますね。
今回の戦訓は
「やっぱパンターAT11でも倒せるじゃん」
ということで。

そういえば、ソ連軍のレイトのインテリジェンスブックであるレッドベアがリヴァイスドになります。
戦車とカチューシャが更に安くなってるんで、一層遊びやすくなっていると思いますよ。

« 【FoW】迫り来るソビエトロシア | トップページ | もうだめだー! »

Flames of War」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321725/53752391

この記事へのトラックバック一覧です: 【FoW】演習:

« 【FoW】迫り来るソビエトロシア | トップページ | もうだめだー! »

無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28