« 【TRPG】やりましたよ!!! | トップページ | 【FoW】インテリジェンスブック買ったよ!その2 »

2013年4月 7日 (日)

【FoW】インテリジェンスブック買ったよ!その1

今日二つ目のエントリーです。
3/25にアマゾンマーケットプレイスで注文したインテリジェンスブック「グレイウルフ」が4/5に到着しました。
値段は2冊分の送料を割って1冊当たり4000円。
ちなみに、今ならフュリアスグローリーさんに注文すれば、+消費税分くらいで(時間もちょっと余分にかかることもあるかもしれませんが)買えますし、日本人スタッフが対応してくれますよ(ステマ)

さて、グレイウルフです。
この本に収録されているは、1944年1月から1945年2月の枢軸軍のアーミーリストですが、統一されたものではなく場所や時間によって章に分けられています。
という解説をする前に、フレイムオブウォーはプレーヤーが枢軸、英、米、ソのどこかの陣営の中隊戦闘団(ソ連だけは大隊)を指揮して戦うゲームです。
基本的に、対戦する相手とは時期と戦場を合わせて、勢力とポイントを決めて遊びます。
イギリス軍でホワイトカーに乗ってブレンガンキャリアーの大群を率いたり、ソ連軍でT-34とタンクデザントをたくさん並べたり出来ます。
もちろん、ドイツ軍でティーガーとハーフトラックとハチハチとネーベルベルファーで戦闘団作ったりもできますよ。
ここから本文紹介です。

・ナルヴァ戦、フーベ包囲陣、コルスン解囲戦
この章では、
ベーケ重戦車連隊(中隊戦闘団)
自動車化擲弾兵中隊
降下猟兵中隊
第11SS義勇装甲擲弾兵師団装甲擲弾兵中隊
のアーミーリストとスペシャルキャラクター(という名前ではないですがそう書いた方が分かりがよさそうなので)のベーケ中佐のデータが掲載されています。
ノルトラント師団は、ノルウェー人かデンマーク人によってスペシャルルールが変わるのが、芸が細かいですね。

・バグラチオン作戦
たいそうな名前の章ですが、この章ではごく一部が扱われています。
載っているアーミーリストは
突撃中隊(第78国民突撃師団)
突撃砲中隊
工兵中隊
ヒトラーの死守命令によって陣地にこもる突撃中隊は、リストの中にフィールドフォーティフィケーション(野戦陣地)を持っています。
これを選択すると、40kのイージスのようにテレインにさまざまな陣地を加えることが出来ます。
スペキャラはパンツァーファウストを持った兵士で、移動したら撃てないパンツァーファウストで移動後射撃したりアンブッシュしたりとかっこいい人ですが、残念ながら私もエピソードはよく知りません。

・バグラチオン突破戦
いよいよ本格的に負けてきた感じですね。
ここではスペキャラのルードヴィッヒ・ヴィンドグルーバーさん(第8歩兵師団の擲弾兵か工兵)とフォン・ザウケン将軍、それに
戦車中隊
装甲擲弾兵中隊
自動車化擲弾兵中隊
装甲工兵中隊
自動車化工兵中隊
装甲捜索中隊
歩兵中隊
予備工兵中隊
のアーミーリストがあります。

・ポーランド戦
中央軍集団消滅後、ですかね。
ここでは
SS戦車中隊
SS装甲擲弾兵中隊
警備歩兵中隊
装甲列車
が編成できます。
スペキャラはSS第3戦車連隊の戦車長と、SS第5のノンユニークスペキャラ的アップグレードです。
トーテンコップに比べてヴィーキングは練度が低い(その分コストが安い)のですが、戦車小隊だけは追加コストを払うことによって騎士十字章を持つ凄腕に指揮させることが出来ます。
コストさえ払えば編成した全戦車小隊(と中隊本部)をアップグレードできますので、安いIV号戦車にエースを乗せまくるなんて編成も可能です。
ま、コストが高いトーテンコップはスキルも高いし戦車中隊の指揮班はこれまた別の準エース扱いのスペシャルルール付きですが。

・ハンガリーのドイツ軍
戦車中隊(フェルトヘルンハレ装甲擲弾兵師団)
装甲擲弾兵中隊(フェルトヘルンハレ装甲擲弾兵師団)
装甲猟兵中隊
騎兵中隊(SS第8騎兵師団フロリアン・ガイエル)
といった、変り種のアーミーリストです。
フェルトヘルンハレの戦車中隊には、IV号戦車/70が配備されます。
ま、私のようなミーハーかつお金かけたくない派は、他で使いにくいモデルは買いにくいわけですがw
ちなみに、フロリアン・ガイエルの騎兵中隊は、馬がありません。
歩兵と陣地(ストリート・フォーティフィケーション)で戦う、ブタペスト包囲戦用のアーミーリストです。
かわいそうになってくるな。

・フォーティフィケーション
陣地のルールと編成、コストなどがまとめられてます。
陣地のテレインはペイント済みで(しかも結構安く)売られているので、使ってみたいですねぇ。
まぁ、練馬ミニチュアゲームの会では、お願いすればかなりのストックをお借りできるそうですが(ステマ)。

・ドイツ軍師団支援部隊、スペシャルルール、ユニットデータ
師団支援部隊は、各中隊に分派されて戦力を増強してくれる追加ユニットです。
またしても40kに例えるなら、中隊アーミーリストのすぐ後ろのページにHQ、エリート、トループのデータがあり、後ろにまとめてファスト、へヴィのデータがあって、中隊アーミーリストにはその中隊でどのファスト、へヴィが使えるかが書いてある、といった感じでしょうか。
当然ですが支援部隊も国防軍とSSに分かれていて、配備できる自走ロケット砲の車種が違ったりとかエレファントは国防軍にしかないとか、当たり前な人にとっては当たり前なことが色々書いてある芸の細かさですw

・東部戦線のハンガリー軍
シュールな章ですねw
油田が手放せないヒトラーはハンガリーにいろいろなものをあげたんで、ハンガリー軍には結構色々なモデルが編成できて楽しいです。
もちろん国産戦車もありますよ。
戦車中隊(ハンガリー)
自動車化歩兵中隊(ハンガリー)
突撃砲中隊(ハンガリー)
歩兵中隊(ハンガリー)
義勇兵中隊(ハンガリー)
スペキャラとして、ハンガリー軍のティーガーエースがいます。

・1944年のフィンランド軍
日本では特に有名なフィンランド軍の、最後の戦いを再現するアーミーリスト。
戦車中隊(フィンランド)
突撃砲中隊(フィンランド)
軽歩兵中隊(フィンランド)
歩兵中隊(フィンランド)
工兵中隊(フィンランド)
フィンランドでは戦車は作れないので、戦車中隊はほとんどがソ連軍からのルーテッドです。
スペキャラは、ドイツから買った7.5cm対戦車砲で21輌の戦車を倒した戦車猟兵と、後年ジョン・ウェインのグリーンベレーのモデルにもなったというアサルトの得意な歩兵です。

さて、長くなりましたが、グレイウルフの内容はこんな感じです。
この本は、FoWのインテリジェンスブックの中でも一番厚いもののひとつで、フルカラー265pで1勢力のアーミーリストしか載ってないという分量ですが、対になるレッドベアはソ連軍「だけ」で同程度の分量があるっぽいですw

さて、次はルールについて書くか、レッドベアが届いたらそれに付いて書くか、まぁ週内にはまた更新したいと思います。

« 【TRPG】やりましたよ!!! | トップページ | 【FoW】インテリジェンスブック買ったよ!その2 »

Flames of War」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1321725/51136060

この記事へのトラックバック一覧です: 【FoW】インテリジェンスブック買ったよ!その1:

« 【TRPG】やりましたよ!!! | トップページ | 【FoW】インテリジェンスブック買ったよ!その2 »

無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28